店舗デザインから見た書体とフォントの変遷

店舗デザインとナールD

店舗デザインの仕事に従事し早くも50年になりますが、当時はフォントという言葉はなく書体と言っていました。当時人気だった書体はナールというもので、名称の由来はナカムラ+アールとされています。その中でもナールD書体がデザイナー達に持て囃されていました。丸ゴシック体の中太文字で写植全盛期を支えた書体です。

ナール書体の例

癒し文字でお店を引き立てるテクニック

バブルが崩壊し、山一・拓銀がつぶれ日本中が疲弊していました。そんなときに筆文字で敢えて崩したスタイルの“癒やし文字”が生まれました。私も多くの癒し文字の制作に携わりました。ラーメン店等は今でもその名残を残している店舗があります。現在、不況や経済的混乱が続く時代となっていますがまたこのような書体が流行るのでしょうか。

寿司やの符丁
癒し文字で書かれた寿司屋の符丁
癒し文字の短冊メニュー
癒し文字の例
to Top