カフェ業界の変遷とカフェの創業で重要なこと

  • 飲食店オーナーを夢見る方は多いですが、中でもカフェは常に人気の業態です。
  • コロナ禍も収束し、今後はカフェ経営を前向きに考える方も増えることでしょう。
  • そこで、日本におけるカフェ業界の歴史から、個人経営のカフェを運営する上で必要な知識と情報をご紹介したいと思います。

目次

  1. 1. 日本におけるカフェの変遷
  2.  1-1. 日本のカフェの歴史
  3.  1-2. ドトールコーヒーがカフェ業界に与えた影響
  4. 2. 個人経営のカフェの創業
  5.  2-1. 創業者自身のビジョン
  6.  2-2. メニューや店内の雰囲気
  7.  2-3. 持続的に成長できるカフェ
  8.  2-4. ブランド構築と差別化
  9.  2-5. 新たなメニューやサービス
  10. 3. カフェにおける店舗デザインの重要性
  11.  3-1. テーマとコンセプト
  12.  3-2. カラースキーム
  13. 4. まとめ

1. 日本におけるカフェの変遷

1-1. 日本のカフェの歴史
  • 日本のカフェ文化は、時代とともに変化してきました。
  • 戦後の復興期には、喫茶店が一般的でしたが、高度経済成長期には西洋式のカフェ文化が流行しました。
  • 1980年代には、喫茶店やカフェが都市部に急増し、カフェ文化が定着します。
  • その後、2000年代にはコーヒーチェーン店が急速に拡大し、スターバックスやドトールなどが人気を博しました。
1-2. ドトールコーヒーがカフェ業界に与えた影響
  • 前述したとおりドトールコーヒーは、日本のカフェ業界を語るうえで重要な存在です。
  • その創業は古く、1980年に「ドトールコーヒーショップ」の1号店が原宿でオープンしました。
  • 日常的なコーヒー文化を定着させ、カフェが社会的なスペースとしての役割を果たすよう促進していきます。
  • また、コーヒーの品質やサービスの向上にも力を入れ、カフェ業界の競争を刺激してきました。
  • 店舗デザインにおいても、“カフェ=居心地の良い場所” という現在では当たり前のような感覚を演出してきたカフェ業界のパイオニアです。

2. 個人経営のカフェの創業

2-1. 創業者自身のビジョン
  • 個人経営のカフェを始める際には、まず創業者自身のビジョンが重要です。
  • カフェの方向性やコンセプトを明確にし、自身の情熱や理念を経営に反映させることが必要です。
  • 具体的には店内の雰囲気、提供する商品やサービス、そしてお客様との関わり方などです。
  • その結果として、個人経営のカフェは、創業者のこだわりが詰まった特別な場所として、地域に愛されるお店となっていきます。
2-2. メニューや店内の雰囲気
  • 成功するカフェを作るためには、独自のメニューと店内の雰囲気づくりが欠かせません。
  • 創業者は独自のメニューを開発し、カフェの個性やコンセプトを店内の雰囲気にも反映させることで、顧客に魅力的な体験を提供できます。
  • 一方で、地域の需要競合店の分析も重要です。
  • 情報不足でメニューやコンセプトの選定が難しいオーナー様もいらっしゃると思います。
  • 長年にわたり店舗設計施工をおこなってきた弊社だからこそ、お客様に適した情報を提供いたします。
  • お気軽にサンショー工芸までご相談ください。
カフェのメニュー
カフェのメニュー
2-3. 持続的に成長できるカフェ
  • カフェが地域の顧客から支持されると、需要の拡大に応じて成長することが可能になります。
  • 従業員の雇用、店舗の拡張、メニューの追加、店内外の改装などが挙げられます。
  • 成長できるカフェを実現するには、高品質な商品とサービスの提供が不可欠ですが、それに加えて地域コミュニティとの関わりを大事にするとよいでしょう。
2-4. ブランド構築と差別化
  • 成功するカフェを作るためには、ブランド構築と差別化が重要です。
  • カフェの独自性を強調し、他のカフェとの差別化を図ることで、顧客に強い印象を与えます。
  • これには、ユニークな店舗デザインやロゴ、店内の雰囲気やサービス、さらにはソーシャルメディアやマーケティング戦略などが含まれます。
2-5. 新たなメニューやサービス
  • カフェを成功させるためには、常に新しいメニューやサービスを提供することが必要です。
  • 顧客のフィードバックを受け入れ、常に進化し続けることで、カフェの魅力を向上させます。

3. カフェにおける店舗デザインの重要性

3-1. テーマとコンセプト
  • カフェのテーマやコンセプトに基づいて、内装デザインを計画します。
  • 例えば、モダンで洗練されたカフェならば、シンプルでミニマルなデザインが適しています。
  • 一方、居心地の良いカジュアルなカフェならば、温かみのある色合いやアットホームな雰囲気が重要です。
インドのマイソールをイメージしたカフェの内装
カフェの外装
インドのマイソールをイメージしたカフェの外装
  • カフェの創業をお考えのオーナー様は、サンショー工芸が手掛けたカフェの事例をぜひご覧ください。
  • たくさんの事例から、豊富なアイデアやヒントが得られます。
3-2. カラースキーム
  • 内装のカラースキームは、カフェの雰囲気を決定します。
  • 明るい色合いは爽やかで開放的な雰囲気を作り出し、暗い色合いは落ち着いた雰囲気を演出します。
  • また、カラーパレットはブランドイメージやターゲット層となる顧客の好みに合わせて選択するとよいでしょう。
  • 状況に応じて店舗改装を視野に入れましょう。
店舗改装
店舗改装イメージ

4. まとめ

  • 大手チェーンのカフェにはない個性や持ち味が出せる個人経営のカフェは、今後も多くの人に指示され一定の需要を維持していくでしょう。
  • そのためにも、正確な知識と情報を持ち、失敗しないお店づくりをおこないましょう。
  • 「こんなカフェをつくりたい!」というビジョンが明確なオーナー様のお手伝いはもちろん、
  • 「カフェを始めたい!けど何から始めればいいのかわからない…」というオーナー様も、
  • カフェを含め多くの実績を持つサンショー工芸にぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ↑

to Top