江戸に学ぶ店舗デザイン 古事記に学ぶ店舗デザイン

旧金毘羅大芝居「金丸座」に学ぶ店舗デザイン

取材日記

金丸座のイメージの、饂飩居酒屋のご依頼があり、金丸座の取材に出ました、その時のスッケッチや写真を

ご覧ください、江戸に学ぶ店舗デザインです

玄関周りのスケッチです、ネズミ木戸はいただきです、無双窓も印象的です

ネズミ木戸は庶民の入口です潜って入ります(今は違います)

お偉い方々は、大木戸が入口です

ここが全景です、正面に見えるのがネズミ木戸です

丁番が見えます、内開きです

ネズミ木戸

ネズミ木戸です

無双窓です、とても良いです

無双窓

よみがえった、無双窓です

盛砂と盛塩の云われ

盛砂と盛塩

砂を円形にうずたかく盛られた、これを盛砂と呼ばれ玄関の装飾、降雨時の敷く砂の二つの目的を兼ねたものです。

それが、流行するうちに目的がゆがんできました、客商売の家で戸口に砂を盛ると客が増え商売繁盛することになり、軒並み盛り砂が行われるようになり、この盛砂が、後に盛塩になったそうだ。

盛塩の由来は沢山有るが、地鎮祭で清めの塩、大相撲の巻き塩力士が怪我しないように神に祈ります。土俵を「神聖な場所」にする儀式です。「清めの塩」「力塩」「波の花」等云います。

本題の、盛塩は料亭などで盛塩をすると、店の繁盛が末永く続くとされ、海の潮が満ちてくるように繁盛すると云うことで開店前に、盛塩をすることになりました。

昨今の誤解で、風水まで便乗してます、又盛塩を作るための、型押し道具まで販売されてます。